勝っている人は買っている!?鉄板の銘柄とは – FXブログ


FXトレーダー「ひろぴー」と株トレーダー「ターボ」が作る、投資・投機サイト。
元サラリーマン同士が兼業トレーダーでも稼ぐ術を公開していきます。本日のFX岳遭難者大募集(笑)

勝っている人は買っている!?鉄板の銘柄とは

yukachi_check お疲れ様です。Johnです。

早いもので2017年も残すところ2か月を切りましたね。

昨年の今頃はアメリカ大統領選挙がマーケットを賑わせていました。

2017年の残り2か月はどのような相場になるのでしょうか。

今日は、トランプ相場からの1年を振り返り、伸長した市場がどこか?という興味から指数銘柄の値動きについて振り返りたいと思います。


1年で堅調に推移した米金融株

triautetf1 (※金融セレクト・セクター SPDR® ファンド【金融株】 週足チャート インヴァスト証券トライオートETF)

昨年の米大統領選以降、継続して伸長を見せているのが米金融業界の株です。

米金融株とは

number1 金融セレクト・セクター SPDR® ファンド(通称:金融株)はアメリカの商業銀行や資本市場、各種金融サービス、保険、不動産等の企業を含むETFです。

主にゴールドマン・サックスやシティ銀行といった世界的な投資銀行を数多く含み、連日出来高上位ランキングで上位にランクインするなど取引高の高い銘柄です。

この金融株の値動きを見ると、昨年の米大統領でトランプ氏の勝利が確定して急騰、2017年以降は徐々に伸長していることが分かります。

調べてみると結果的に1年前対比で+37.05%の伸長となっています。

米金融株が買われた理由

OOK75_prezensurudansei20131223_TP_V 米トランプ大統領政権発足時大きく注目されたのが財務長官のポストに誰が就任するのか?ということでした。

就任したのはゴールドマン・サックスの元経営者であったムニューチン。

彼は「米国の労働者を第一とする通商政策」を掲げ、トランプ政権の公約である法人税をはじめとした減税や規制緩和を推進。

さらにオバマ政権下で導入されたドット・フランク法(金融危機の反省から導入された法律で銀行の自己資本積み増しやデリバティブ取引監視強化を主とした規制法案)の見直しへも着手しています。

そうした期待感から米トランプ大統領就任の冒頭で米金融株が買われました。

今後、米経済の回復の波に乗り米国利上げも目前ですので今後も米金融株は伸長するように思います。

今後の米国利上げを踏まえた金融株の解説はひろぴーさんがしている以下の記事も併せてご覧ください。

■参考記事:米国利上げで買う株・ETFは?ズバリ金融株を買え!

値上がり爆益なナスダック100トリプル

triautet2 (※プロシェアーズ ウルトラプロQQQ【ナスダック100トリプル】 週足チャート インヴァスト証券トライオートETF)

先述の金融株関連と同様伸長しているのが米新興市場のナスダックです。

米ナスダック市場とは

8a15b0695d98565a9e2b8c6075eba3d1_s ナスダック100指数は、米国のナスダック市場に上場する、金融株を除いた時価総額上位100位の銘柄の株価を、時価総額加重平均という方法を用いて算出される株価指数のことです。

なお、アメリカで有名なS&P(スタンダード&プアーズ)500という株価指数もありますが、S&Pは米国が拠点であり売上の大部分を米国が占める企業しか入れないのに対し、ナスダックは市場へ上場しさえすれば外国企業でも構成銘柄になることができます。

従って、ナスダック上位100銘柄で構成されるナスダック100へ投資するということはアメリカというよりも世界を代表する力のある企業へ投資を行うということを意味するわけです。

具体的には中国のBaidu(百度)や英国のVodafoneなどがそれに当たります。

ナスダック100トリプルとはナスダック100指数の3倍動くよう設計されているため、世界的企業へ効率よく投資できる人気の銘柄です。

一年前に比べると+130.99%となっています。まさに驚異的です。

勝ってるトレーダーは買ってるナスダック100トリプル

usoooooooooo これらの株価指数へはインヴァスト証券トライオートETFで投資をすることができます。

インヴァスト証券トライオートETFでは著名なトレーダーが集い、トレードバトル(一定期間内に誰が最も秀でた運用成績を出せるか)を行っており、著名トレーダーの売買銘柄を見ることが可能です。

著名トレーダーでも儲かっている方の実績を見てみましょう。

25万円の利益を上げているIPOゲッターさん
triautetf3 著名トレーダーの中でも一番の好成績を上げているのがIPOゲッターさんです。

彼は2017年11月3日時点で+25万円以上の利益を上げていることが確認できます。

実際に取引履歴を見てみましょう。
triautetf4
ナスダック100トリプルで利益を伸ばしていることが分かります。

他の著名トレーダーで利益が+234,000円のサトウカズオ氏の取引履歴も見てみましょう。
triautetf5 こちらでもナスダック100トリプルの売買を行っています。

つまり、インヴァスト証券トライオートETFで勝っているトレーダーはナスダック100トリプルで効率的に利益を稼いでいることが分かります。

最後にインヴァスト証券トライオートETFのトレードバトルでは参加者の平均利益を出しています。
triautetf6 トレードバトルで参加している人数は4千人以上ですが、一人当たりの総損益は+31,340円で推移しています。

是非、まだこのプラスの波に乗れていない方は是非この機会にインヴァスト証券トライオートETFでのトレードを検討してみてはいかがでしょうか?

インヴァスト証券トライオートETF口座開設費用・維持費用も無料ですから口座開設して、ほかのETF銘柄も併せてチェックしてみて頂けたらと思います。


トライオートETFはキャッシュバックキャンペーン中

invast_campaigncashback 現在、インヴァスト証券トライオートETFで現金がもらえるキャンペーン実施中です。

是非この機会を利用してみてください。

【キャンペーン名称】新規口座開設キャンペーン
【キャンペーン金額】最大10,000円キャッシュバック
【キャンペーン期間】2017年9月1日(金) ~ 2017年11月30日(木)
【キャンペーン内容】キャンペーン期間中に口座開設のうえ、口座開設の翌月末までに自動売買注文で条件達成で最大10,000円キャッシュバック。

その他、そもそもETFってなに?という方向けに、今ならトライオートETFを解説した漫画本を無料で応募者全員もらえるキャンペーン実施中です。
invast_book1 この機会に是非これらのキャンペーンも併せてチェックしてみてください。

※こちらのバナーから無料で口座開設申込みが出来ます。

300x250

※キャンペーン詳細はインヴァスト証券トライオートのホームページを必ずご確認ください。


以上です。それではまた!

John
About john 63 Articles
サラリーマントレーダーのjohnです。昼間は働いている兼業トレーダーです。趣味は資産運用。少ない時間をやりくりしながらFX、株、CFD(株価指数、商品)、投資信託など幅広く取引しています。