FXトレーダー「ひろぴー」と株トレーダー「ターボ」が作る、投資・投機サイト。
元サラリーマン同士が兼業トレーダーでも稼ぐ術を公開していきます。本日のFX岳遭難者大募集(笑)

NY白金(プラチナ)トレード1




 

白金は金と似たような値動きか?

 

白金トレードについて今回はお話ししたいと思います。

  IMG_0536   こちらはNY白金月足チャートになります。    ここ2?3年ぐらいかけて暴落です。金と似たような動きになっております。    全世界のおよそ70%強が南アフリカ共和国でプラチナは生産されております。    一説によると、太古の時代、地球上に隕石が落ちた場所でしか取れるとか、取れないだとか(笑)    定かではありませんが、なぜかほとんどの生産が南アフリカ共和国なのです。    以下ですと、2位がロシアの13%、3位が北米の6%、その他?の地域だそうで、南アフリカ共和国では地下2000?4000mの深さで採掘されているようです。    実需的には、工業製品(主に自動車のエンジン・触媒向け。)、ついて宝飾品で9割を占めます。   なぜ、相場が暴落しているのでしょうか?   おそらくですが、これば南アフリカランドのザール(ZAR)の下落が著しいことが1つでしょう。  

南アフリカランドチャートで分析してみる。

USDZARWeekly こちらはドルザールの週足です。2011年はレートが7.1?程度だったのですが、現在は2倍の14.36で尚、高値更新中です。   いわゆる、米ドル建てで、南アフリカランドの価値が1/2になっているからだと思います。   世界の生産の70%を以上を占める南アですから、当然、採掘コストも米ドル建てからすれば半分です。   まず、これが一つの大きな要因でしょう。   南アフリカランドは資源国通貨であり、新興国通貨でもあります。   特にここ1?2年、米国が利上げする、しないの思惑的な動きで徐々に徐々に売られていきました。   豪ドルやNZドルとも連動しやすいですが、ザ・新興国通貨だけになって、売られ方が半端じゃありません。    ブラジルレアルも暴落しておりますが、同じ資源国を顔を持つ通貨同士、きついインフレに悩まされている通貨の一つです。   よって、最近では、下落トレンド、少しの戻りがあってから、再び下落トレンドの繰り返しでした。   FXをやっている方がすれば、非常に難易度の低い相場期間だったと思われます。   次回は、この白金暴落相場にさらに拍車をかけたVW(フォルクスワーゲン)ショックについてお話ししたいと思います。