FXトレーダー「ひろぴー」と株トレーダー「ターボ」が作る、投資・投機サイト。
元サラリーマン同士が兼業トレーダーでも稼ぐ術を公開していきます。本日のFX岳遭難者大募集(笑)

ヒロセ通商との4年間を振り返ってみる

こんにちは、ヒロセ通商を愛するくみちょーです。

同社は3月にジャスダックに上場も果たしたので、そろそろ株主になろうかと考えているくらいです。

さて、今回はヒロセ通商の食品キャンペーンについて紹介してみたいと思います。

僕がヒロセ通商に口座を開いたのは2011年10月ごろ。 当時は、今は楽天FXとなったフォーランドフォレックスというFX会社を使っていました。 そこと比較すると、ヒロセはスプレッドが劇的に狭くて乗り換えたのがきっかけでした。

実際に使ってみると、取引ツールが使いやすくて依頼メイン口座となっています。

パスタがたくさんやってきた!

ヒロセの口座を開設後に、どうやらキャンペーンをたくさん開催しており、食品キャンペーンがすごいということが分かります。

当時は20~40万程度の口座残高でしたが、スキャルピングもけっこうやっていたので、1日の売買高は100万通貨くらいありました。 ヒロセの食品キャンペーンの最大は800万通貨ですから、余裕で突破することになります。

実際にマックス量の食品が届くと、なかなかの大荷物です。 最初にもらったのは、たしかパスタセットだったと思います。パスタが30食以上にパスタソースも同じだけあるんです。最初はかなり感動したのを覚えています。

その後には、ハンバーグや肉まん、定番の王将の餃子。チャーハンにラーメン、うどん、カレーと学食の定番メニューのようなものがたくさんありました。

時にはドリアのようなちょっとお洒落な食べ物や、当時流行だったトマトラーメン(これはめちゃくちゃ美味かった!)もキャンペーンになったりして、飽きのこないバリエーション力と、ちょうどストックが無くなったころに餃子サイクルがやってくるなど定番商品とのルーティンもうまく組み合わせてくれていると思います。

2014年にヒロセの担当者に取材をする機会があったのですが、ヒロセ通商の利用者で一番多い層は30代男性だそう。 なので食品選びの基準は、一人暮らしの男性が手間を取らずに調理できて、ガッツリ食べられるようなものにしているそうです。

過去の食品を振り返ってみた

ここでいくつか過去のヒロセ食品の写真がありましたので、掲載していきたいと思います。 餃子 定番の餃子ですね!王将の餃子が多いですが、全部で4種類くらいもらっています。 丼もの ごはんに麻婆豆腐、ダッカルビ丼、親子丼、中華丼と全部で36色くらいありました。 hirose 戸棚 3週間もすれば、戸棚はこうなります。 1463652017694 冷凍庫もこの通り。 パスタ パスタと餃子は、ここ数年で買った記憶がありません。 ビーフン ビーフン、リゾット、焼肉という謎の組み合わせ。。 正月 お正月は福袋で色々ともらえます。黒毛和牛のステーキは美味かった! ヒロセキャンペーン食品 こちらは、今あるヒロセ食品を並べてみたものです。 パスタ9人前。焼きおにぎり×7。BIGハンバーグ7人前。餃子150個。餃子のたれ×3。

あと3週間後にはまた襲ってくるので、食べきれるかどうか不安ですね(笑”

来月はオリジナルのカレー(ナン付き)がもらえるので楽しみにしています!

自分のように1人暮らしの男性には、特にヒロセ通商での取引がオススメですよ。

基本的にスプレッドが業界最高水準で、高金利通貨であるトルコリラ円(1日のスワップ金利115円)の取り扱いがあり、メジャー通貨ペアから超マイナー通貨ペアまで50種類の取扱いがあるレアなFX会社なんです。

ヒロセ通商でキャッシュバック&食品キャンペーンでお得なFX生活を楽しみましょう!

       ・優秀な取引ツールのヒロセ通商への口座開設はこちら↓↓
ヒロセ通商