FXトレーダー「ひろぴー」と株トレーダー「ターボ」が作る、投資・投機サイト。
元サラリーマン同士が兼業トレーダーでも稼ぐ術を公開していきます。本日のFX岳遭難者大募集(笑)

サラリーマンFXトレーダーJohnの【速報】FXおすすめキャンペーン|【※口座開設でもらえる!】マネースクウェア・ジャパンのキャンペーン内容とは?

トラリピバナー1
お疲れ様です。サラリーマントレーダーのJohnです。

秋雨前線の影響で雨続きですね。

洗濯物が溜まりまくりですが、何とか生きています(汗)

今日はそんなジメジメした天気も吹き飛ばすくらいおトクなFX会社口座開設キャンペーンを紹介します。

そのFX会社はマネースクウェア・ジャパンです。

「なぜ、おトクか?」と言うと、マネースクウェア・ジャパンの口座開設を申し込むと書籍とDVDがもらえます。

もし、まだマネースクウェア・ジャパンの口座をお持ちでなければ、この機会に口座開設だけでもしておくといいでしょう。


マネースクウェア・ジャパンのおトクなキャンペーン!

トラリピバナー2
【キャンペーン金額】トラリピ取引応援 新規口座開設キャンペーン
【キャンペーン期間】2016年9月15日(木)~2017年3月31日(金)
【キャンペーン内容】キャンペーン期間中に新規で「M2JFX」口座の開設を申込み、同じくキャンペーン期間中に、口座開設完了後利用できる「マイページ」より、当キャンペーンにエントリーされた方に【書籍】『実践FX トラリピの教科書(1,404円)』&【DVD】徹底解説『トラリピチャンネルDVD(非売品)』プレゼント!


トラリピバナー3 ※こちらのバナーから無料で口座開設できます

キャンペーン条件は口座開設をしてマイページからエントリーをするだけです。

ノーリスクで書籍とDVDがもらえる珍しいキャンペーンですので是非この機会に口座開設申込みをおススメします。


マネースクウェア・ジャパンの強み


マネースクウェア・ジャパンの強みについて紹介します。

ほったらかしで儲ける!トラリピ

トラリピバナー4
トラリピトラップリピートイフダンの略称で、マネースクウェア・ジャパンが特許取得をしている発注管理機能のことです。

シンプルに言えば、イフダン(IFD)注文を繰り返し発注する機能です。

イフダン注文とは「事前にレートが○○円になったらエントリー&△△円で利食い」と設定しておく注文のことで、事前に設定しておけばチャートを見ていない間でもエントリー&利食いを自動で行ってくれるという優れた注文方法です。

そのため、トラリピは日中働いていてチャートを見る事が出来ないサラリーマンやお子様の世話をする主婦の方など、トレードへあまり時間を割くことが出来ない兼業トレーダーの強い味方と言えるでしょう
具体的な売買イメージについて「買い」のパターンを可視化した図がコチラです。
トラリピバナー5
相場はトレンド相場が3割、レンジ相場が7割と言われています。

トラリピは主にレンジ相場で効果を発揮します。

上の図のように、一定のレンジで停滞している相場でも、買いエントリー&売りイグジット(利食い)を繰り返して利益を積み重ねてくれます。


トルコの情報が豊富なマネースクウェア・ジャパン

トラリピバナー6
マネースクウェア・ジャパンで忘れてはならないのが、豊富な情報量です。

中でもFXトレーダーうちで有名なのがマネースクウェア・ジャパンのトルコ情報です。

トルコの通貨リラ(TRY)は高金利通貨として知られ、スワップポイント狙いでポジションを持っているトレーダーも多い人気通貨です。

けれども、トルコの詳しい情報を定期的に国内で得ることは一般投資家にとっては非常に難しいです。

それを解消してくれるのがマネースクウェア・ジャパンのトルコ情報コンテンツです。

特に「週間2分でわかるトルコ」をはじめとしたコンテンツは必読です。

こういったコンテンツを活用する意味でも、口座は持っておいて損は無いでしょう。

なお、他にもトルコリラがトレードできるFX会社をご覧になりたい方はトルコリラおすすめFX会社ページも併せてご覧ください。

マネースクウェア・ジャパンのキャンペーン紹介まとめ


日々、様々なキャンペーンをマウンテンブログで紹介していますが、口座開設だけで書籍&DVDが得られるというハードルの低いキャンペーンはなかなかありません

マネースクウェア・ジャパンに口座をお持ちでない方、トラリピに興味が生まれた方は是非この機会にトラリピに関する書籍とDVDを手に入れてみてはいかがでしょうか?

トラリピデビューにも良いと思います。

是非この機会にマネースクウェア・ジャパンM2JFXへ口座開設をしてみてください。

株式会社マネースクウェア・ジャパン
※キャンペーン内容詳細はマネースクウェア・ジャパンのホームページで必ずご確認ください


以上。それでは、また!

John