FXトレーダー「ひろぴー」と株トレーダー「ターボ」が作る、投資・投機サイト。
元サラリーマン同士が兼業トレーダーでも稼ぐ術を公開していきます。本日のFX岳遭難者大募集(笑)

FXスイングトレードの考え方 1話

前回の章~ 第三章:サラリーマン・OLがFXで勝つには。2話

第一章~第三章までのシリーズはいかがでしたでしょうか?

根本的なサラリーマンがFXとの付き合い方、向き合い方についてお話をさせて頂きました。


上記のシリーズをお読み頂いた上で、このFXスイングトレードコラムをお読み頂ければ幸いです。


こちらのカテゴリーも1度や2度じゃ、語り尽くせないものがありますので、随時シリーズ化をしていく予定です。


僕のトレードは一応、日々進化しております(笑) 去年言っていたことと、今言っていることに少しズレが生じている可能性もございます。そこはご了承ください。


常に、今を最善を尽くしております故です。


さて、このシリーズをどうするかを色々考察中ですが、やはり、まずは兼業トレーダーとしてスイングトレードをどう確立していくのかを尽力したいと思います。


まず、僕が実際にトライしてみたやり方をご紹介致します。


■兼業トレーダーならではのトレードスタイルを確立する。

 
 兼業トレーダーのみなさんはおそらくですが、デイトレードに憧れてFXを日々熱心に頑張っている方が大半かと思われます。

または、デイトレを一定に期間、熱心にトレード、検証をなされた方かと思われます。


僕も勿論、その口でした(笑)


もし、うまくいっているならば、それを続けて頂いたほうが価値があるかもしれません。


デイトレで勝てるならば、非常に効率が良いですし、相場にセンスがかなりある方だと思います。


僕は残念ながら、ちょっとドンクサク、ローソク足の速い動きについていくことができませんでした。


2011年の春ごろの頃でした。


世間は5分足デイトレ、1分足スキャル全盛期。


書店に行けば、リーマンショック後の指標発表と同時に順張りして1億円!とかいう、実に残念な書籍がたくさん並んでおりました。


もちろん、憧れておりましたから、しっかりと購入して、一生懸命読み返しましたよ(笑)


ただし、たくさん読み返しているうちにこのやり方は例えば5年前には通用したかというと、おそらく通用しないだろうという結論に至りました。


もう一度、リーマンショック並のクラッシュが起これば別です。参考にはなるかもしれません。


ただやはり、市場は、相場は、変わります。。。


新の法則を見つけたとか、ロジックとか、手法とか、僕はあまりこの言葉が好きではありません。


わずかな期間しかワークしない、賞味期限付きの高確率方法ぐらいでしか思っておりません。


裏を返せば、高確率で1~2発で破産すると思っているからです。


第四章:FXスイングトレード・考え方 2話へ