FXトレーダー「ひろぴー」と株トレーダー「ターボ」が作る、投資・投機サイト。
元サラリーマン同士が兼業トレーダーでも稼ぐ術を公開していきます。本日のFX岳遭難者大募集(笑)

人の損切り蜜の味 1話

「人の不幸は蜜の味」という諺みたいな言葉があります。


ちょっと言葉としては頂けない文言ですが、人の不幸を喜んでしまうというのは心理はあるそうです。


他人が不幸になったことを、不謹慎であるとは理解しつつも喜んでしまうことを指すそうです。


実際に他人の不幸を喜ぶ脳内のメカニズムが脳科学的に証明されたそうです。 また、「妬み(ねたみ)」の感情と他人の不幸を喜ぶ感情の関連性についても解明されています。



この現象では、日常でもよく見られます。


この記事を書いているのは2016年の春~夏ごろです。


ちょっと前には、ベッキーとゲスの極み乙女の川谷の不倫騒動で、これでもかというぐらい、ベッキーが叩かれました。


人気タレントだったのにも関わらず、誰もかばうことなく。


ベッキーは独身、川谷は嫁持ち。


しかし、叩かれるほうはベッキーばかりで、本来、ブーイングが起きるとしたら素直に川谷だったはずです。


これは、普段、「超人気」からくるベッキーのタレントの憧れの裏返しでしょう。


大人気なだけで誰にも悪くは言われなかった分、強烈なバッシングと化しました。


まさに裏返しでしょう。なかなか皆さん、性格が悪いですね(笑)


その後、タイミング良く話題は切り替わり、舛添都知事の職権濫用ともいえる公私混同した経費の使い過ぎ問題。


これも強烈なバッシングです。まあ、確かに悪いと言えば悪いのですが、やはり昔からの人気政治家だったこともあり、ここぞというタイミングでメディアも喜んでバッシング報道を繰り返しております。


政治家は公人という定義の元なので、どれだけバッシングや報道しても構わない倫理に基づいていますが、それでも一人の人間です。


それでも容赦がないのは、この、「人の不幸は蜜の味」から来ているのではないでしょうか。


身近な例でいえば、近所のおばちゃんたちが、いつものおしゃべり仲間なのに、その本人や家族が何かしらの失敗や不幸に陥れば、噂になります。


どうしても、この噂で話が持ちきりに成りがちです。これも「人の不幸は蜜の味」という心理状態にあると思われます。   例を挙げるとキリがありません。


Twitterやはてなブログでもそうです。   たまに株トレーダーやFXトレーダーのカリスマ?っぽぃ人たちが資産を公開運用してパフォーマンス的に活動されてますが、一時盛り上がりを見せるものの、含み損を抱え破産寸前や大損寸前のTwitterやブログのアクセスは壮絶なものです。



おそらく大方、この人が損しないように切実に思えてならないっという人は大方いないでしょう。


どちらかというと、それが今後どうなるのか、破産するのか、大損するのかを心のどこかで期待したハラハラ感やドキドキ感を求めている自分がどこかにいないでしょうか?


こういった心理状況がおそらく科学的にも解明されているのではないでしょうか。



「人の不幸は蜜の味」とはうまくいったものです。  

相場の世界では人の損失蜜の味?




為替に限らず、相場の世界でも似たような現象がおこります。


僕はよく言及しているのが、「人の損切り蜜の味」です。題名には損失と書かせて頂いております。


ここぞというポイントは損失によって、大きくトレンドを発生させてくれます。


そのストップロスを巻き込んで発生させるトレンドは本当においしい思いをさせてくださいます。


自分は狩られる側ですと、大変つまらないものですが、してやったり側についてますと、この上ない快感です。


人間そんなものなのでしょうか。


相場の世界は誰かが得をすれば損をする人がいるのは周知の事実であり、当然の成り行きです。


全員儲かってハッピーとはいかないのはよく理解して相場に参加している人が大半のため、心置きなく勝負できる、と僕は思っております。   僕はよく、相場は後手必勝と申し上げているのですが、本当に儲かるポイントは先手必勝になります。


チャンスで言えば、後手必勝のエントリータイミングは9割以上、先手必勝のポイントは1割未満です。


しかし、その先手必勝というタイミングはもちろん成行でいつものレバレッジより強く掛けたりするタイミングです。


まさに勝負所を見極めたタイミングとなります。


この先手必勝のエントリータイミングというは、もうまさに損切りをされる側のトレーダーたちを追い込みかけている瞬間です。


彼らが逃げる前にこちらからエントリーしてしまうのです。   いわゆる、上記で説明した、ベッキーや舛添都知事が記者団の質問ではじめはウソをついて、難を逃れようとします。


Twitterやブログなどでは投資家は含み損を頑張って抱えながら耐えてます。


いわゆる悪あがきですね。


ボロが出るのは時間の問題なのですが、彼らが音を上げる瞬間をトレードに活かします。心理状況はまったく一緒です。


  トレードで、ドテン倍返しという言葉をご存知でしょうか。


例えば、ショートエントリーしてポジションを持っていたとします。


その際、自分の思惑と反して、ジワジワ上昇してしまいました。


自分も含めて同じ方向にエントリーしていた市場参加者は、含み損を抱えながら相場と戦っております。追い込まれている状況です。

その状況で、いち早く方向転換し、ショートしていたポジションを手仕舞いして、2倍のポジションでロングポジションを作ってやることを「ドテン倍返し」と言います。


一つのトレンドの波で同方向にエントリーしているプレイヤーはたくさんおります。(自分を含めて。)


しかし、彼らが一斉に逃げるタイミングが不思議と重なってくるポイントというものがあります。



それを狙っての逆転発想です。

トレードハンティングしてやるのです。まさに狩という言葉がふさわしいトレードです。


今現在、僕が考えるトレードのうちで最も理に適っているトレード方法だと思っております。


では、そのポイントとは・・・・?

長くなりましたので、続きはまた次の章でお話します。