FXトレーダー「ひろぴー」と株トレーダー「ターボ」が作る、投資・投機サイト。
元サラリーマン同士が兼業トレーダーでも稼ぐ術を公開していきます。本日のFX岳遭難者大募集(笑)

2話 志摩力男 実践リアルトレード(FXメルマガ)使い方

出所:2015年9月1日 ひろぴーの読むFXより、抜粋紹介。

 

 乱高下相場。すこ~~しだけ、ドル円だけ拾ってみました。ひろぴーです、こんばんわ。

 

 難しいですね~~。

 

 昨日と同じことを言ってますが(笑)。

 

 特に無理しないでいます。まだゆったり、ゆ~~~ったり、ステイしていようと思います。NZ売りやポンド売りも良いな~っとは思うけど、続かないパターンですので、やはり傍観です。

 

 今日はネタがないので、志摩さんのメルマガを紹介しておきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■出所:志摩力男の実戦リアルトレード

 9月1日午前中の配信です。

 

~~~ 様

 

 注目の中国8月製造業購買担当者景気指数は49.7とほぼ市場予想通り。

 

当局のコントロールが感じられますが、それでも50を割り込んできました。民間のCaixin製造業購買担当者景気指数改定値は47.3と前回47.1より若干改善。

 

 市場は全体的に、再びリスクオフに傾きつつあります。

 

米ダウは昨日114ドル安でしたが、本日先物で16,255と250ドルほど下げてます。この影響で日本株も重く、ドル円も軟調。

 

 昨日の米CNBC等を見てますと、9月利上げに対する警戒が異様に強い。フィッシャー副議長のコメントは確かにタカ派的でしたが、そこまで警戒するほどの内容かわかりません。

 

しかし、論調を見ると、米国のおそれ、コンセンサスがその辺りにあるのでしょう。株価下落への懸念、含み損を抱え始めてナーバスになっている感じがします。

 

 

 英大手ヘッジファンド、マン・グループの現地会長が捜査協力という形で拘束されたとの報道も大きな影響を及ぼしてます( http://jp.reuters.com/article/2015/08/31/china-stocks-man-group-idJPKCN0R01DE20150831 )。

 

Manは世界最大級ファンド。捜査局力のためとはいえ、責任者を拘束したとなれば、全世界の金融界を~~~・・・・。

 

【割愛(秘密)】~~・・・・・・、

 

 昨日、カナダ円を始め、ドル円や豪ドル円、ランド円等の売りに入りました。

 

ユーロドルですが、ECBにおいて金融緩和に向かう観測が出てますが、やはりリスクオフ状況では、そういったものに関わらず単にユーロ買いが入ってしまう状況になってます(EURAUD等のクロス含め)。ユーロドルも打診買いしております。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■出所:志摩力男の実戦リアルトレード

 

 

 そしてドル円チャートアップです。

 

スクリーンショット (329)

 

 午前中、志摩さんが危惧された通り(朱熹部分)、ドル円は午後になって下落しました。そしてカナダ円、豪ドル円、ランド円全て下落です。ユーロドルも急騰。

 

 僕は下落のスピードについていく自信がなかったので、ドル円ロングを最大限に縮小、利食いして少額押し目狙いをした次第です。いつも通り、見解通りだから最近驚きもしないwww

 

 

 今のところ、121円台前半で利食いできましたので(志摩さんがショートポジを作り始めたところ。)、押し目待機。

 

 

 119.55で指値がひとまずヒットしました。ここは上昇戻しの38.2%戻しのポイントです。

 

 

 半値戻しの118.90でのロングも指して待機しております。

 

 

 そして志摩さんも少額トレード推奨、そして先週の配信には正直わからなくなってくると、難しい相場をイメージしておられたため、無理に突っ込みすることなく、利益を溶かすことなく資産を維持できています。

 

 

 これからの動きを予測するのは、非常に難しいです。このあと、50%戻しの119円割れぐらいでヒゲ戻しが一番理想的です。そのあと。123円ぐらいを目指してトライする動きが1度ぐらいは訪れるとおもっております。

 

 

 そこで今回仕込んだポジションはクローズする予定です。

 

 

 志摩さんのメルマガはなかなか後出しがありません。

 

 今後起こり得る事象を7~8割型当ててくださいますので、あとは自分なりにその通貨、または親戚の通貨を選んでテクニカル分析するだけで、おのずと結果が出るようなヒントをくださいます。

 

 

 正直、『テクニカルがこうなって、こうなって、利食い30pips、損切り20pipsに決めてトレードしたのに、ルールが守れない!!』っとか、悩むことはなくなります。

 

 

 理由がはっきりしているからです。

 

言葉が悪くなりますが、非常にバカげた、FX迷宮入りした悩み、としか言いようがありません。

 

そして最も真骨頂なのは、おっかけトレードよりも、勝負所と勝負しないタームの使い分けです。

 

ここをはっきりと教えてくださいますし、自制心を助けてくださるツールとなります。

 

 FXで利益をあげることは簡単なのですが、その利益を守るのが非常に難しい投資商品です。この言葉にうなずかれる方は、一通り経験された方でしょう。

 

 

 利益は時が満ちればある程度乗ります。

 

その利益をいかに溶かさないか、その勝負になりますから、それをディフェンスできるのが志摩さんのメルマガです。

 

 ぜひ、数か月でもいいので購読なさってトレードを見直すプラクティクスとして使ってみてください。

 

 志摩さんのメルマガをお試しあれ\(◎o◎)/!登録後10日間は無料。
志摩力男の実戦リアルトレード


志摩力男の実戦リアルトレード

出所:2015年9月1日 ひろぴーの読むFXより、抜粋紹介。