ゴールドETF買い方 ひろぴーおすすめ証券会社! – FXブログ


FXトレーダー「ひろぴー」と株トレーダー「ターボ」が作る、投資・投機サイト。
元サラリーマン同士が兼業トレーダーでも稼ぐ術を公開していきます。本日のFX岳遭難者大募集(笑)

ゴールドETF買い方 ひろぴーおすすめ証券会社!

インヴァスト証券のトライオートETFが新しくなりました。

昨年からリリースしたサービスですが、ETFをCFD方式(差金決済)で購入できるようになりました。

通常の大手証券で購入するETFの購入手数料が猛烈に安価で済むため、非常に気楽に売買できるサービスです。

またCFDですのでショートからも入れるようになっております。リスクオフ相場では日経Wインバースや日経レバのETFまでトレードが可能です。

今日はメジャーなゴールドETFの買い方を紹介したいと思います。

 

■夏〜秋に向けたリスクオフ相場にはゴールドが最も良い!?

7のつく年というのは、非常に危険と言われております。

これはラリー・ウィリアムスが公言している言葉です。

1987年:ブラックマンデー

1997年:アジア通貨危機

2007年:サブプライムローン

2017年:???

さて、今年は何があるでしょう^p^?

 

今年から世界各国の中央銀行は利上げの意思を表明している国々が多く、金利が上昇する相場へと世界的に移行してきたように感じます。

リスクオン相場の最終局面でもあります。

株価は都合に良いことだけしか反応をしなくなり、高値を更新し続けます。そしてもう最後にダメだというところで相場が急落します。

バブル崩壊となるわけですね。

NASDAQ市場を始めとする米国株式市場もおかしな上昇になってきておりますので、近々危険な値動きになってくるのではないでしょうか。

よって今年の秋相場に向けて少しずつゴールドを購入しようと考えております。

 

■ゴールドETFが購入できる証券会社:インヴァスト証券

スクリーンショット 2017-07-25 22.52.40

こちらのインヴァスト証券のトライオートETFはレバレッジ5倍で取引が可能です。

日本株、米国株、原油、ゴールド、様々なETFを差金決済方式で売買できるのです。

今回はゴールドを購入したかったので、少しだけ資金を投入してトレードしてみることにしました。

おおよそ1年のうち、夏から秋にかけてリスクオフ相場は到来しやすいです。

8月ぐらいからゴールドETFを買い込んでおこうかなっという魂胆でもあります。

 

■SPDRゴールドETF

スクリーンショット 2017-07-25 22.00.12

■インヴァスト証券・トライオートETF

「SPDR」と書いてスパイダーと読みます。

世界的に超有名なスパイダーゴールドのETFになります。

基本的にゴールドの買い入れを毎月実施ていくETFですから、チャート形状もほぼNYゴールドと同じ値動きをします。

なので、NYゴールドのチャート分析をしながら投資する方法でも十分でしょう。

スクリーンショット 2017-07-26 20.32.19

こちらはゴールドETFの長期チャートです。

2011年に高値を付けて大きな下落をし、2014年から現在の価格帯で推移をしております。

ゴールドというのはインフレ資産としても歴史的にも証明されており、インフレ経済の場合は資産の10%をゴールドにしておくと良いとも言われております。

ちょうど経済が好調であった2006年〜2007年ごろには株価の上昇懸念と共にゴールドも買われ始めておりました。

現在の2017年は当時のころに該当するのではないかと考えておりまして、間もなく上昇トレンドを描いていくのではないかと考えております。

米ドルの政策金利は段階的に引き上げており、FRBのバランスシート縮小が始まればテーパリング活動が本格化します。

どこかでバランスを崩す局面が何度か訪れるでしょう。

そういった局面ではところどころゴールドが買われるのではないかと考えております。

特に長期投資にご興味ある方で、ペーパーゴールド投資にご興味ある方はぜひ一度お試しください。

今回はインヴァスト証券 トライオートETFで『SPDRゴールドETF』の紹介をしてみました。

ぜひご参考になれば幸いです。もちろん、スマホアプリからでも購入できますからね!

おまけに現在キャッシュバックキャンペーンも実施中です。
moneyhatchi10campaign
この機会にチェックして頂けたらと思います。


※こちらのバナーから無料でトライオートETF口座開設申込みが出来ます。

728x90

※キャンペーン詳細はインヴァスト証券トライオートETFのホームページを必ずご確認ください。

以上です。それではまた!

About ひろぴー 85 Articles
この記事を書いた ひろぴー です!