FXトレーダー「ひろぴー」と株トレーダー「ターボ」が作る、投資・投機サイト。
元サラリーマン同士が兼業トレーダーでも稼ぐ術を公開していきます。本日のFX岳遭難者大募集(笑)

これからアツい?少額から取引できる原油CFDのすすめ

これからアツい?原油CFDの魅力 お疲れ様です。サラリーマンFXトレーダーJohnです。

もう夏も終盤ですね。

今年の夏はリオ・オリンピックがあったため、Johnは全く退屈しませんでした。

むしろオリンピックを観ていて出場選手から元気をもらったのかJohnは今年夏バテになりませんでした。

リオ・パラリンピックでも日本選手の活躍を期待したいと思います。

さて、今回は価格が上昇してきている原油CFDについて取り上げたいと思います。

そもそもCFDって何?

intro_top_p7 CFDとはContract for Differenceの略称です。

日本語では“差金決済取引”を指します。

差金決済取引とは現物の受け渡しを行わず、買いと売りの差額の授受で決済する取引を指します。

取引形態としては証拠金を取引業者へ預け、原資産となる国内外通貨の他、株価や金、原油などの商品指数を参照し、売買します。

ここまで書くと「あれ?」と思われる方も多いかと思いますが、実はCFDとは私たちになじみ深いFXもCFDのひとつです。

ただ、日本国内ではFXという言葉が一人立ちして有名になってしまったため、日本国内でCFDと言うと、だいたい個別株や商品指数への差金決済を指す場合がほとんどだと思います。

CFDのメリットとは?

株式投資のチャンス CFDのメリットについては他金融商品に対してのFX取引のメリットを想像して頂ければ問題ありません。具体的に列挙してみます。

取引銘柄が多彩

⇒外国株CFDを利用すれば海外の個別株、例えばAppleやTwitterの株を取引できます。株価CFDではNYダウや英国FTSE、日経平均株価が取引できます。商品CFDでは金や銀、天然ガスや原油が取引できます。

取引出来る商品のラインナップは取引業者によって異なりますが、GMOクリック証券の場合はここに記載した全てが取引可能です。

レバレッジがかけられるため少額からでも取引可能

⇒CFDではFXと同様にレバレッジがかけられます。CFDの銘柄にも拠りますが、2016年8月時点でGMOクリック証券の場合、レバレッジは最大で商品CFDの20倍です。

手数料が安い

⇒GMOクリック証券の場合、基本的には手数料は無料です。FXと同じく、取引を行う場合にはスプレッド分は取引コストとして掛かります。

夜間でも取引できる

⇒これもFXと同様です。ただし、銘柄によって取引時間は若干異なりますので、気になる方は取引業者のホームページをご確認ください。

売りからでも取引できる

⇒こちらはFXトレーダーにとっては慣れているかも知れません。売りからも取引可能なため、通常の証券取引と比べると取引機会=収益機会は2倍です。

それでは、具体的に直近で価格が上昇中の原油CFDを例に見てみましょう。

約2,500円から取引可能な原油CFD

GMOクリック証券管理画面 直近の原油CFD必要証拠金を確認するためにGMOクリック証券CFDの管理画面へログインしてみて見ると、最小単位の取引に対して必要証拠金はわずか2,453円(※8月20日確認時点)でした。

加えて取引時間は月曜~金曜の8:00~翌6:45(米国夏時間7:00~翌5:45)となっています。

ご覧の通り、ほぼ24時間取引可能ですね!

これなら兼業トレーダーで日中仕事があっても帰宅後にトレードを行う事が出来ます。

原油CFDは価格がグングン上昇中!

それでは原油CFDの直近のチャートを見てみましょう。

GMOクリック証券原油CFDチャート

※GMOクリック証券【CFD】プラチナチャート 原油CFD 日足チャート

ご覧の通り6月9日に付けた2016年最高値51.65ドルへ近づいています。

上記チャートはSMA7(赤),25(緑),50(青)を3本とMACDを表示しています。

SMA7(赤)がローソク足と共にSMA25、SMA50を上へ突き抜けていますね。

しかもMACDではMACDがプラス圏へ顔を出し、シグナルも上向いてきています。

直近では50ドル、そして6月9日の51.65ドルを上に抜けてくるかどうかがポイントでしょうか?

また、ひろぴーさん流SMAトレード手法では各SMA、MACDを照らし合わせるともう少しで絶好のエントリータイミングが到来しそうな予感です。

(※ひろぴーさん流SMAトレード手法についてはコチラの記事で詳しく紹介されていますので是非併せてご覧ください)

これからも原油CFDのチャートから目が離せません。

原油CFDがトレードできるGMOクリック証券CFDはキャンペーン実施中

現在、キャッシュバックキャンペーンも実施中です。その内容を以下へ整理しておきます。 バナー
【キャンペーン名称】CFDをはじめて最大3,000円プレゼントキャンペーン 【キャンペーン金額】口座開設完了+取引 【キャンペーン期間】2016年6月1日(水)~2016年8月31日(水)※期限終了まであとわずか!
【キャンペーン内容】キャンペーン期間中、GMOクリック証券CFD口座を開設し、 開設月の翌月末までに規定回数を取引することで、最大3,000円キャッシュバック


GMOクリック証券キャンペーン条件


原油CFD2回取引だけでも1,000円のキャッシュバックが対象になります。

興味があればこの機会にCFD口座開設の検討してみてはいかがでしょうか?

Johnとしてはさほど頻繁にCFD取引は行っている訳ではありませんが、日常的に口座へログインし原油やダウの値動きのチャート分析にも口座を活用しています。

原油価格は特に豪ドルやカナダドルのような資源国通貨の値動きへ連動し易いですし、ダウの値動きは米ドル円の値動き予想には欠かせない指標です。

是非、口座をお持ちであればそういったCFD口座の活用も行ってみてください。FXトレードのレベルアップへ繋がること間違いなしです。

その他、GMOクリック証券CFDは金や銀ども取り扱っています。

そちらも口座を持っておけばチャートを参照することが可能です。気になる方は是非ご検討下さい。
(※過去のNYダウについてのCFD関連記事はコチラ!
(※過去の金スポットについてのCFD関連記事はコチラ!)
(※過去の銀スポットについてのCFD関連記事はコチラ!

原油CFDまとめ

チャート分析が可能であれば基本的にはFX以外の金融商品も取引は可能です。

世界のキャッシュはその時々で“もっとも旬な金融商品“へ流れ込みますので、FXの他にもこういったCFDへも目を向ける事で取引機会=収益機会は何倍にも増えるのではないでしょうか?

また、原油CFDを始めとしたCFD銘柄はFXの各種通貨の連動のカギになっているケースが多々ありますので、情報収集としても各CFD銘柄の値動きは日々追っておきたいものですね。

※こちらのバナーから無料で口座開設申込みが出来ます。 GMOクリック証券CFD
※キャンペーン詳細はGMOクリック証券ホームページにて必ずご確認ください。


以上です。それではまた!

John