FXトレーダー「ひろぴー」と株トレーダー「ターボ」が作る、投資・投機サイト。
元サラリーマン同士が兼業トレーダーでも稼ぐ術を公開していきます。本日のFX岳遭難者大募集(笑)

トルコへの投資はFXがベスト

【注意】2016年1月時点での見解となっております。こちらの日付から時差がありますと相場状況が大きく変更されている場合がございますので、この点は予め大変ご注意頂きたく、お願い申し上げます。  いよいよ、トルコリラ円スワップトレードについて説明していきます。


 マウンテンブログはFXでの資産運用を説明しているわけですが、、そもそもトルコへの投資がなぜFXが良いのかを説明します。


 例えば、有名なものにはトルコリラ債券があります。これらは日本の大手の銀行も販売しており、発行元は国際復興開発銀行(つまり世界銀行)と安心感があります。

 利率は9.39%!

格付けはトリプルA。なんて魅力的な商品なんだ!と思うかもしれません。


でも、ここには素人が知らない罠があります。

 トルコの政策金利は7.5%なのです。FXでトルコリラへ投資すると、約3万円ほどの資金で年間4万2千円ほどの金利収入が得られます。(為替差益が0の場合)


しかも、FXは急な資金が必要になった場合はすぐに取引をやめて出金することができる利便性があります。


 一方、上に挙げたトルコリラ債券だと必要資金は約40万円から。一度投資すると2年6か月ほど出金できません。やむ終えず出金する場合には解約料金がかかってしまいます。


 そうして得られる利益は、93,000円。FXで同じ額を同じ年月投資したとすると、少なく見積もっても100万円ほどの利益となります。

(投資額30万円:年間利益42万 × 2年6か月 = 100万5千円)


  つまり、10倍以上も利益に差があるのです。



 しかも、このトルコリラ債券は元本保証の商品ではなく為替変動の影響はFXと同じく受けてしまうのです。

ということは、どう考えても債券に投資するよりFXに投資した方が、利益も大きくなり、資金の自由度も高くなるということです。

FXで安定的にトルコリラへ投資する方法


 トルコリラへの投資はFXがベストという理解が深まったところで、より安定的にトルコリラで利益を上げる方法を見ていきましょう。


 まず、利用するFX会社。これが大事です。


 トルコリラは意外と扱っている会社が少ないのですが、外為どっとコムが取引手数料も安くてスワップ金利も高いので一番おすすめです!

2016年1月時点で1万通貨を投資して得られるスワップ金利の額は116円と高額です。

 そして、次に時間的に分散投資をすることが大事です。


例えば、投資資金が50万円だったとします。

 一度に50万円全額投資して値段が2%下落すれば、1万円の損失となってしまいます。

これでは、スワップ金利が高いといっても更に下落した場合が不安になります。


 ですから、10回や20回に分けて投資することや、価格が下落した時に多めに買うといったことが重要になります。この具体的なテクニックは、そのカテゴリーでドンドン書いていきます。

2014年に取引を行うとすれば、具体的には以下のようになります。

スクリーンショット (129)  こんなに思い通りに取引できないだろうと思われる方もいるかもしれませんが、2014年は非常に分かりやすい相場だったのです。


 また、FXをやったことがない人でも日銀が大規模な金融緩和を行ったことくらいは知っているかもしれません。


 難しい話は抜きにして説明すると、、投資を行っている人にとってラッキーな年だったということです。


 投資には相場分析がつきもの。。難しい相場分析は嫌だな?と思った人もいるかもしれません。

でも、大丈夫です!そんなものは専門のアナリストさんに任せておけばよいのです。

 トルコリラ円への投資におすすめの外為どっとコムでは、口座を持っていれば無料でアナリストさんの売買分析を見ることができます。

 また、マネースクウェア・ジャパンというFX会社もトルコリラのレポートの質が非常に高いので、おすすめです。

 自分で分析なんかしなくても、彼らのレポートをもとに売買していけばうまく利益を出せるといっても良いでしょう。

南アフリカランドのヘッジがキーポイント!

 トルコリラへ投資をするうえで、最上級に安全性を高める投資方法があります。
それは、南アフリカランドでヘッジするということです。


どういうことかというと、トルコリラ円を買うと同時に、南アフリカランド円をほぼ同額売りで保有するということです。

 南アフリカランドとトルコリラ円は同じ新興国ですので、似たような値動きとなります。

スクリーンショット (130) スクリーンショット (131)
 しかし、経済規模や通貨の信頼性をみると、トルコのほうが圧倒的に優れています。

 ですから、相場が下がるときは南アフリカランドの方が下がりやすく、相場が上がるときはトルコリラ円の方が上がり易いということです。うまくいけばトルコリラ円の値上がり益も期待できるわけです。

 また同じ額を投資した時に得られるスワップポイントの額は、トルコリラの方が倍近くなります。 これをヘッジに利用するわけです。


 具体的な方法は以下の通り。


1.トルコリラ円1万通貨買いに対して、南アフリカランド円を5万通貨売りで保有。

 そうすることで、スワップはトルコリラ円で116円ほど付与され、南アフリカランド円で85円ほど支払われる。結果、得られるスワップは毎日約31円ほど。


2.両通貨で為替差益が大きく得られた場合は、必要に応じて利益確定を行う。

【南アフリカランド円ヘッジのメリット】

・年間利益は11,300円ほどとなる。

・トータルで為替差益も得られる可能性が高い。

 これで、スワップだけを得られた場合でも、年間パフォーマンスは20%ほどとなります。

 過去10年の相場の推移を見てみても、今のところこの投資方法で負けていることはありません。

まさにノーリスクで金利収入を得るうまい投資方法なのではないでしょうか。

さて、今まではトルコの説明や取引手法について書いていきましたが、今後はリアルタイムの相場に沿って取引を行いながら解説していこうと思いますので、ご期待下さい!

【注意】2016年1月時点での相場概況、政策金利を元に語っております。 一定の期間が経過すると、国の金融政策は変更されることがございます。この記事をご覧になられて時間が経過している場合は、ご注意ください。随時お調べになってください。