FXトレーダー「ひろぴー」と株トレーダー「ターボ」が作る、投資・投機サイト。
元サラリーマン同士が兼業トレーダーでも稼ぐ術を公開していきます。本日のFX岳遭難者大募集(笑)

FX初心者おすすめ 外為ジャパン レビュー

皆さまFXライフはいかがでしょうか? こんにちわ、ひろぴーです。

 

今回は僕がおすすめのFX業者を紹介シリーズと題して、これから数回に分けて ブログTOPページにある、初心者おすすめFX業者をご紹介して行く予定です。

今使っているFX業者ではなんとなくやりづらいなぁ~と感じておられる方や FXを始めたくても、どのFX業者を使えばいいのかよく分からなーい という方のお役に立てればと思い、紹介させて頂く所存です。

ひろぴーの読むFXでは、初心者に配慮した文言がないため、こちらのブログではなるべく初心者目線で物を語ろうと思い、一筆取っているサイトです。

それでもわからないと言われてしまいそうですが、質問ありましたら、メールでどうぞ、ご遠慮なくお申し付けください。


では、早速外為ジャパンの特徴をお知らせ致します。

 

外為ジャパンの特徴


 

今では当たり前になってきていますが、どこのFX会社も業界最狭クラスのスプレッドを謳っております。
最狭クラスって書いてあるだけで、実際はドル円がどこの業者も0.3~0.5pipsなだけで、あとはお話にならないところがボチボチあります(笑)

ユーロドルや豪ドル円も狭くて当たり前の時代になりました。

まず、FXの決め手はドル円やユーロドルだけ見るのではなく、6~7通貨ペア必ず見比べるようにしてみてください。

ユーロ円、豪ドル円、ポンド円、NZ円、ポンドドル、豪ドル米ドル

せめてこの8通貨ペア全てスプレッドが2pips以下なら、本当に業界最狭水準と言えるでしょう。

それ以外は正直論外です。デイトレしても絶対と言っていい程勝てないと思います。スイングトレードしかしないというならば、問題はありませんが。

っということで、みなさんは各社の業界最狭水準という宣伝文句には騙されないでくださいね(笑)

長期投資で塩漬け予定で国の通貨に投資するなら全く構わないのですが、1日1回以上トレードするならば、これが最低条件に近いです。 【参考キャプチャ スプレッド一覧】

ドル円に限らず、取り揃えている通貨ペア全てがスプレッドの狭い。個人的には業界TOP3に入ると思っている。

FullSizeRender-2 4 FullSizeRender-1 11

 

 











早朝に広がるスプレッドが広すぎるのも問題

またその他の見極めポイントは、早朝など他業者ではスプレッドが広がるケースがよくあります。

世界の為替相場の板が薄いためです。早朝はオセアニア市場しか開いておりませんので、特に朝の5時~8時はスプレッドが広がる業者があります。ここもFXする上では盲点になりやすいので注意されてください。

ここを見ると、同じスプレッドの業者でもかなり差が付きます。適当に見繕ってFX会社を比べてみるだけで一目瞭然です。

ぜひ、自分がお使いの口座は如何なものなのかを再確認してみてくださいね!



近年のFX事情

 

外為ジャパンの場合、サラリーマンの方が例えば、朝、出勤前にスプレッドを気にせず、ぱっと注文を出せるところは非常に良いと思います。

外為ジャパンの場合は、ドル円0.3 ユーロ円0.6 ポンド円1.1 オーストラリアドル円0.7 ユーロドル0.5 全て原則固定です。

原則固定ってよく記載されておりますよね?

突発的な指標や早朝に相場が大きく変動した場合、どうしてもやむ終えなく、スプレッドが広がることがしばしばあります。

(●原則固定:どこのFX会社も金融庁のルール上、このような明記をしなければいけないそうです(笑))



しかし、外為ジャパンの場合は、このスプレッドを安定して提供している点はかなり優れております。

特に早朝はスプレッドの開きがほとんどありません。ここは外為ジャパンの非常に評価できるポイントです。

よく窓埋めトレードという言葉を耳にしませんか?

土日に起きた事件などで為替が大きく動いて、先週の金曜日と比べて、月曜日に大きく価格変動が起こった状態で市場が始まります。

これを結局は元の価格に戻ることが多く、一時は非常に流行ったトレード方法です。

特に2009年~2011年ぐらいは非常にワークし、勝率9割ぐらいを誇るほどの絶大な威力を発揮しました。

このタイミングで大きく稼いだ日本の個人投資家も数多く出ておりました。

で、このタイミングでモッテコイの業者の一つが外為ジャパンだったワケです。

なんとかショックとか、グローバル的に世界景気が低迷している時期はまたやってくるはずです。

世界の景気情勢が不安定になった場合は毎週窓開トレードが実施できるようになるでしょう。

今でこそ、窓を開けて月曜日スタートすることは、あまりありませんが、また1~3年以内には必ずそういった相場はやってくると思います。ぜひ準備をしておいてくださいね!

 


1万通貨トレードは最低資金100万円

外為ジャパンでは1,000通貨から取引が可能です。

近年では当たり前のようになっておりますが、ほんの数年前までは10,000通貨(1万)が最低ロットでした。

現在のレートで考えると、一度トレードをする際に4~5万円が必要でした。 サラリーマンのおこづかいでは少し苦しいところですよね。

苦し紛れのトレードをするのは本当に損をすぐに出してしまいます。

僕がぶっちゃけ、親会社であるDMMFXを推奨しないのはそのためです。

通貨ペアでこそ、大変ばっちりなのですが、1000通貨取引できなければ、元も子もないです。

それだけ重要視しております。1万通貨からの取引ならば、最低口座に100万円以上は入金していないと苦しいでしょう。

見事に溶かせると思います。レバレッジコントロールが出来ないはずです。

ただ、これはやった人でないと理解できないと思います。ふーん、程度でよいので頭の片隅にでもとどめておいてください。

それほど、資金管理が重要だという裏返しでもありますので。

 

【参考キャプチャ】

■1000通貨から取引可能な外為ジャパン 2000通貨や5000通貨取引でも数千円ぐらいなら簡単に利益が出る。

 IMG_0482 IMG_0516

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱりトレードは1000通貨から。

 外為ジャパンでは1,000通貨から取引が可能になりますので最悪、約4000~5000円あれば トレード可能になります。 最初の第一歩には持ってこいかと思います。

ただ、口座資金は10万円ぐらいは入れてくださいね。この余裕はなるべく多いほうがいいです。

 なぜかというと、最初はたぶん?絶対?負けます。 ビギナーズラックてきな事があったとしても必ずといってもいいほど落ち込むことが あります。

よく最初は勝てたけど最近気が付いたら。。。とか、負けが込んできてギャンブル的な取引をしてしまって。。。(一発逆転的な)的な事は誰もが経験するものです。

その経験は必要なぐらいだと思ってます。

ですので、10万、20万円は吹っ飛ばす覚悟を持って臨んでください。

それで済むなら御の字です。

僕は最初100万消し飛びました(笑)

23~24歳のころです。それは大金でした。

今でこそ、100万円ですが、精神的苦痛は40歳が1000万失ったぐらいのインパクトはあると思います。

それをわずか100万円で経験できるなら安いものです。

投資は歳の若いうちに目覚めたもの勝ちだと思います。

複利の取引は偉大ですからね!

下記、外為ジャパンを使った実戦トレード記事です。ぜひお読み頂ければ幸いです。

おすすめ記事
トレンドを把握してFXトレード(外為ジャパン編~)


  外為ジャパン
こちらのバナーから外為ジャパン 口座開設可能です。