資源国通貨売りと米ドル売り調整相場 – FXブログ


FXトレーダー「ひろぴー」と株トレーダー「ターボ」が作る、投資・投機サイト。
元サラリーマン同士が兼業トレーダーでも稼ぐ術を公開していきます。本日のFX岳遭難者大募集(笑)

資源国通貨売りと米ドル売り調整相場

/(^o^)\ナンテコッタイ

ひろぴーの読むFXのサーバーエラーで昨日からブログが更新できなくなってしまいました、こんばんわ、ひろぴーです。

大変申し訳ありません、復旧にしばしかかりそうなので、マウンテンブログで更新を致します。

で、今週の月曜火曜は何をしていたかというと、ビットコインとネムとイーサリアム購入してトレードしてましたww

FXのほうはオジドルとNZドルのショートのみ。

先ほど、ユーロドルが急落?したみたいだったので、一旦クローズです。夏休みはトレンドが続ききることはありませんので、コツコツ利食いを入れていくスタンスに変更しました。

そして明日からはレバレッジいつもの半分以下に落としてトレードを続けようと思います。

1週間ぐらいは、~1.0%ぐらいのリターンでいいかな?っといった気持ちで臨む予定です。

 

■NZドルチャート

NZDUSD-cdDaily

FXトレードフィナンシャル・MT4チャート

NZドルの日足です。

今週の最も狙っているのはNZドルです。狙うというか、消去法なのですが・・・。

昨日、NZ中銀がインフレレポートを発表し、2年先のインフレレポートを2.17%から2.09%と下方修正したとのことです。

情報参考元:ザイFXトレード戦略指令 竹内さんのメルマガより。

よって、NZドルが下落をしました。併せて資源国通貨が軟調です。

6月後半から7月にかけて、ロングでお世話になった資源国通貨ですが、今月は売り目線で攻めたいと考えております。

RCI26はダイバージェンスが発生し、+80%ライン以下で推移をしております。

DMA25も割り込んできておりますから、調整波突入でしょう。

但し、移動平均線の並び順がそこまで綺麗ではなく、上昇は大きくしましたが、日足ベースでのテクニカル形状は良いとは言えません。

なので、調整波には一応なりますが、下落の勢いは限定的なのかな?っと考えております。

下落目線ですが、EMA62~EMA144の間ぐらいで止まったり、中途半端な調整押し目となるかもしれません。

唯一のポイントとしては、金曜日の米国のCPIです。

6~7月は円以外では、どのドルストレートもドル安トレンドが続きました。

よって、ドル安の恩恵を大きく受けている可能性もあり、今の米国経済ですと、すぐに改善されている可能性があります。

事前予想は+1.8%(前年比)となっておりますが、1.9やまさかの2.0%と出ますと、7月大きく上昇していたユーロドルやポンドドル、オジドル、NZドル、またはドルカナダなどが大きく調整するでしょう。

米ドルのショートカバーが薄いマーケットを抜けていきますので、100pipsぐらいは一気にすすむかもしれません。

そこに勝機がないか、考えております。

今晩はノーポジです。

ユーロドルも押し目買いをしたいところですが、4時間足ベースでもう1往復ローソク足がウェーブしてからエントリーを決めたいと思います。

1.17~1.1715は大きなサポートラインですが、下髭とか大きく割り込む可能性もあるような気がしてますので、今一度様子見です。

金曜日、上記のシナリオが完成するならば1.16ぐらいまでは下落するのではないでしょうか。

そこからようやく拾いたいかな、と思います。明日はオジドルとNZドル、また短期的にショートするかもしれません。

⇒脱FX初心者むけ!おすすめのFX会社

 

About ひろぴー 82 Articles
この記事を書いた ひろぴー です!