Zaif(ザイフ)トークンを買える取引所はどこ? – FXブログ


FXトレーダー「ひろぴー」と株トレーダー「ターボ」が作る、投資・投機サイト。
元サラリーマン同士が兼業トレーダーでも稼ぐ術を公開していきます。本日のFX岳遭難者大募集(笑)

Zaif(ザイフ)トークンを買える取引所はどこ?

今最も熱いスーパー仕手仮想通貨Zaif(ザイフ)トークン。

【PR】今、話題のCOMSA(コムサ)のICOに参加するにはこちらから

たった10日で価格は20倍以上になったかと思いきや、8月27日には会社の公式ツイッターがZaif(ザイフ)トークンとCOMSA(コムサ)の連携を否定するクソツイートをして価格は2.5円の高値から一時は0.3円付近まで急落し、Zaifショックが起きました。



その後は会社がZaif(ザイフ)トークンとCOMSA(コムサ)の連携を正式に発表し、現在では価格は1.1円~1.6円くらいのレンジで落ち着いています。

今回は今最も熱い仮想通貨Zaif(ザイフ)トークンを買える取引所と、仮想通貨取引の注意点について書きました。

内容は仮想通貨を取引したことがない超初心者向けの内容なので、仮想通貨取引の経験者は読まなくて結構です。ZaifトークンはZaifで取引出来ますので、こちらで口座開設して下さい。



さてこれから仮想通貨初心者の人にZaifトークンと仮想通貨取引の注意点について説明します。

まずZaifトークンですが、Zaifトークンは取引所Zaifが運営する独自トークンのことで、zaifを運営しているテックビューロ社が発行しているインターネット上のデータになります。

そしてZaifトークンを取引するにはZaifトークンを扱っている取引所に口座開設して取引をするのですが、仮想通貨の取引は株の取引とは少し異なりますので、注意点を説明します。

1 取扱い通貨は取引所により全く異なる。

株やFXの場合は会社が異なっても基本的に取扱う商品はほぼ同じです。(札幌市場などの地方市場や新興国のマイナー通貨を除く)

しかし仮想通貨の場合は取扱い通貨は取引所により全く異なります。

ビットコインのようにメジャーな仮想通貨はほぼ全ての取引所で取引が出来ますが、マイナーな通貨(アルトコイン)の場合は取引出来る取引所は限られます。

例えば日本人に人気の通貨ネム(XEN)を取り扱っている取引所は日本ではzaifとコインチェックだけですので(2017年9月2日現在)、この2つのどちらかに口座開設をしなければなりません。

zaifトークンの場合はzaifという取引所が発行しているトークンなので、取り扱っているのはzaifだけで、zaifに口座開設をしなければ取引が出来ません。

2 ボラティリティが非常に高く、値幅制限がない。

株の場合は一日の値幅制限がありその範囲でしか株価は動きませんが、仮想通貨はストップ高やストップ安はありません。

1日で価格が2倍になる事もよくありますし、1日で半値になる事もよくあります。新興市場株の値動きが止まって見えるくらい、仮想通貨のボラティリティは激しいです。

3 24時間、365日取引出来る。

株やFXは土曜、日曜は休みですが、仮想通貨の場合は24時間、365日取引が出来ます。もちろん土、日や祝日なども取引出来ます。

土、日に取引出来るのは嬉しい部分もありますが、反面休みが全くないという辛い面もあります。

以上、仮想通貨取引の注意点について簡単にまとめてみました。

仮想通貨は非常にボラティリティが高い商品ですが、その中でもZaifトークンは最もボラティリティの高い商品です。

価格が短期間で10倍、20倍になる事もありますが、その反面短期間で価格は半値以下になる事もあります。リスク管理に注意して一攫千金を目指して下さい。

【PR】今、話題のCOMSA(コムサ)のICOに参加するにはこちらから

今、最も熱い仕手仮想通貨、Zaifトークンの取引が出来るのはZaifだけです。Zaifの口座開設はこちらからどうぞ



仮想通貨、暗号通貨の取引ならコインチェックがおススメです。コインチェックはビットコイン以外のアルトコイン(オルトコイン)の取扱いが豊富です。ビットコイン以外の仮想通貨に投資するならコインチェックを利用して下さい。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
About ターボ 57 Articles
元証券マンのターボです。ゲーム株やバイオ株など中小型株をメインに取引しています。最近はビットコインなど仮想通貨にも投資しています。