2018年に安定して上昇する注目のアルトコイン – FXブログ


FXトレーダー「ひろぴー」と株トレーダー「ターボ」が作る、投資・投機サイト。
元サラリーマン同士が兼業トレーダーでも稼ぐ術を公開していきます。本日のFX岳遭難者大募集(笑)

2018年に安定して上昇する注目のアルトコイン

2018年も一番熱い投資先として注目されている仮想通貨市場。

でも、ビットコインはさすがに高すぎるという声がある一方、リップルネムは根強い人気があります。

特にリップル(XRP)は銀行がその技術を採用に動いているという理解しやすい材料がある為、仮想通貨投資初心者に人気があるようです。

筆者は送金価格の問題で壁にぶち当たっているビットコインを補うように、決済で使える仮想通貨が安定した価格上昇を見せるとみています。

となると、主要アルトコインではビットコインキャッシュ(BCH)とライトコイン(LTC)が挙げられます。

手軽に使える決済サービス特化しているオミセゴー(OMG)も2倍くらいはいくんじゃないかとみています。

しかし、もっと安定的に上場できる有望なモノをみつけましたので、今回紹介したいと思います。

バイナンストークン(BNB)の魅力

筆者が主要アルトコインと並行して投資したいのが、バイナンストークン(BNB)です。

2018年はこれで安定的に3倍を狙いたいと思っています。

おいおい、もはや仮想通貨じゃないじゃないか!

バイナンストークンってナンだ?

ということですよね。

ご説明いたします。

BNBとは

バイナンストークンとは、上海の仮想通貨取引所が発行するトークンで、バイナンスの株式のようなものだと思ってください。

バイナンスのHP

BINANCE HP

 

日本ではZaifトークンやfiscoコインがありますが、それと同じようなトークンです。

これらが上昇するときは、そのトークンが特別な何かに利用されるか、取引所の価値が上がる時です。

バイナンス(Binance)はどうでしょうか。

バイナンストークン(BNB)日足チャート

bnb chart

出所:BINANCE

12月前半には0.00014(約260円)だったものが、一気に上昇し0.001156(約2000円)と、とんでもなく上昇しています。

チャートを見ると、もう一段階吹き飛びそうな勢いですよね。

3.バイナンストークンの注目理由

では、バイナンスという取引所は何が良いのでしょうか?

ここは2017年8月ごろにサービスをスタートさせた新興の取引所なのですが、注目され始めたのはビットコインダイヤモンド(BTD)を付与したことがキッカケでした。

元々チャートツールが使いやすいと海外取引所好きなコアな投資家には支持が集まっていましたが、それ以来一気に資金と口座開設が殺到!

取引高は一気に伸びることとなり、今は世界一の取引高を誇る取引所となっているのです。

 

binanceシェア

出所:coinhills

 

2位と3位の取引高の2倍以上を誇る圧倒的な存在感となっています。

ここまで規模が大きくなると、バイナンスの株式代わりのBNBトークンが買われるのは分かりますよね。

有り得ないような話ですが、「1日で25万分の開設」があったという日もあるそうです。

参考:仮想通貨取引所が口座開設審査に追われる バイナンスでは一日で25万人分の口座開設も

1ヶ月ではなく、たった1日。。もう言葉も出ませんね。

ユーザー数は、なんと500万人に上るそうです。

DTK4f1sVMAEvXOS.jpg large

 

さらに、このバイナンストークンは、BNB/BTCやBNB/ETHのように通貨ペアとなっており、マイナーなアルトコインまで30種類以上のアルトコインの売買に利用できます。

そして、BNB建ての通貨ペアの取引は通常の手数料の半分になるようになっていますので、必然的にBNB建ての通貨ペアでの売買が行われやすくなっています。

取引ツールも、PCアプリ・スマホがあることから他の取引所より数歩進んでいる感じがします。

バイナンスの取引アプリ(PC)

binance

 

1月前半に数日間だけ新規口座開設を停止する、という措置を取ったことから、もしかするとbitFinexやbittrex同様にまた新規口座開設を停止する可能性もあります。

取引高が世界最大のバイナンスを利用しない手はないと思いますので、仮想通貨の取引を行うのであればメイン口座として利用してみてはいかがでしょうか。

>>バイナンス(Binance)の公式ホームページ

About くみちょー 39 Articles
FX歴2009年~、株歴2015年~。その他、CFD、商品、オプション、仮想通貨まで幅広く取引しています。金融メディア勤務で数多くの個人投資家ネットワークに参加。機関投資家から億トレまで、多くの投資家から得た知識を展開していきます。