ビットコインFX!?レバレッジ取引で爆益を狙う – FXブログ


FXトレーダー「ひろぴー」と株トレーダー「ターボ」が作る、投資・投機サイト。
元サラリーマン同士が兼業トレーダーでも稼ぐ術を公開していきます。本日のFX岳遭難者大募集(笑)

ビットコインFX!?レバレッジ取引で爆益を狙う

みなさん、こんにちは。 ここ最近はビットコインにレバレッジを掛けてぶん回しているくみちょーです!

しかし、全力ロングした時に限って相場が凪状態になるんですよね。

そうです、実はビットコインは株の信用取引やFXのようにレバレッジを効かせた取引を行うことができるのです。 ということは、もちろん売りから入ることも可能なのです。

なので、

「こんなに高値からビットコインを買えない」

「もっと安い時に買っていれば良かった」

「暴落しそうだから売れるなら取引したい」

「短期売買に興味がある」 といった人にも、ビットコインはピッタリの金融商品なのです。

ということで、今回はビットコインがどうなるのか?ということよりも、効率の良いビットコインFX・レバレッジ取引について説明したいと思います。

ビットコインでFXならbitFlyer

ビットコインのレバレッジ取引をできる業者は多数あり、レバレッジも業者によって違います。

主な信用取引・FXサービスを扱う取引所

取引所サービス最大レバレッジ
bitFlyerFX15倍
coincheck信用取引5倍
QUOINEX差金決済25倍
ZaifAirFX25倍

結論から言うと、この中ではbitFlyerのFXが一番でしょう。

その他の取引所は、流動性が低かったり、取引ツールが未熟だったりと難点があります。

bitFlyerも現在のFX業者と比べると雲泥の差ですが、ビットコイン取引のなかではまずまず使いやすくなっています。

なので、筆者もひろぴーさんもビットコインの短期売買にはbitFlyerを利用しています。

そもそも、ビットコインを取引できれば良い!という人には、bitFlyerのFXが最適なのです。

まずは、以下のデータをご覧ください。

取引量

出所:cryptocompare.com

左側はビットコインと取引されている法定通貨の割合を示したものです。

日本円が圧倒的なシェアを誇っており、次に米ドル、韓国ウォンと続きます。

右側は日本の取引量を取引所別に分けたグラフです。

ご覧のとおり、bitFlyerFXが74%というダントツのシェアを誇っています。

2番目はcoincheckの現物取引量、3番目はbitFlyerの現物取引量ですが、FXと比べると10分の1程度になっています。

これを見ただけでも、ビットコインを売買するのであれば、流動性があり、レバレッジが掛けられて、売りもできるbitFlyerFXが一番だということが良く分かると思います。

ちなみに、bitFlyerFXのPC版取引プラットフォームはこんな感じです↓

bitFlyerFX

 

1画面集約型の取引ツールで、チャート、板、注文画面、売買履歴、保有ポジション・注文、チャット、ニュースが表示されています。

チャートはテクニカル指標が豊富で、パラメーター設定も可能。テクニカル指標は15種類以上あります。

実は年初はサーバーが弱く、頻繁に落ちてしまったり、注文が通りづらかったりしていました。

しかし、9月末にサーバーを強化したことでその悩みも払拭。

快適なトレードが実現でき筆者のパフォーマンスも安定したものとなっています。

損益

損益はご想像にお任せしますが、ストレスフリーで快適な取引環境と市場はパフォーマンスに大きく影響すると実感させられました。

 

ということで、ビットコインを取引するかどうか迷っている人やボラティリティ万歳!という方は、bitFlyerFXでぶん回してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、ちまたで話題のビットコインゴールドに関してはコチラの記事(ビットコインゴールド(BTG)に対する取引会社対応比較)とブログに書かれておりますので、ご覧ください。

ビットコインってどうなの?という記事や、相場分析もそろっていますよ!

 

・ビットコインの売買ならFXもできるbitFlyer!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【PR】COMSA(コムサ)のICOに参加するにはこちらから登録

Zaifトークンの取引ができるのではZaifだけです。Zaifの口座開設はこちらからどうぞ

About くみちょー 34 Articles
FX歴2009年~、株歴2015年~。その他、CFD、商品、オプション、仮想通貨まで幅広く取引しています。金融メディア勤務で数多くの個人投資家ネットワークに参加。機関投資家から億トレまで、多くの投資家から得た知識を展開していきます。